FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像がつくかもしれませんが探偵業で依頼される調査の

想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡調査です。それをベースに探偵の調査手法をおさらいしてみましょう。一般的な浮気調査では、依頼人から提供された対象情報を参考に調査対象の追尾を行います。相手が警戒していることもありますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、浮気の裏付けをとります。一番明らかな証拠は写真ですね。ダンナの不倫や隠し子などの探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、時々見かけます。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、たとえば警戒している調査相手にわからないように後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは難易度の高いワザです。調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。探偵に浮気調査を依頼する場合、根本的にどういった目的があるのかをきちんと話し合っておく事が大事です。たとえば、配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。依頼の内容次第では調査期間や手法が異なる場合が多いからです。浮気と不倫。違いがあるのをご存知ですか。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、肉体的な交渉がある場合をさします。こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料の支払いを申し立てることができます。怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って不倫の裏付けをとってもらい、不倫行為への慰謝料を要求することで懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つといった使い方もあります。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないのではないでしょうか。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、有利であることは間違いありません。自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、興信所に頼んでみる価値はあるでしょう。
永瀬久嗣 風水秘法
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。